デカフェはどうやってカフェインを除去しているのか

バナー

デカフェはどうやってカフェインを除去しているのか

一杯のコーヒーに含まれてるカフェインは眠気を覚ましてくれるので、夜遅くまで仕事をしている会社員や、毎日受験勉強をしている学生にとっては作業の能率をダウンさせないで済む役立つ飲み物です。
しかしカフェインはマイナスな要素も多いことは見過ごせません。

交感神経を刺激することで眠気が覚めるのを通り越して頭がさえてしまって、寝付けなくなったりすることもありますし、血管が縮むことで血流量が減ってしまい、血行不良になったり冷え性を悪化させることもあります。



妊娠中や授乳中には、母体や赤ちゃんにカルシウムの吸収のソイ性があるので飲まない方がいいのは有名です。

NAVERまとめの専門技術を身につけましょう。

カフェインを除去してコーヒーのマイナス要素をカットしたのがデカフェです。

コーヒーを妊婦や赤ちゃんが飲んでも無害なデカフェにするには大きく分けて三つの方法があります。

まずジクロロメタンなどの薬品を使ってカフェインを溶かす方法ですが、これはコーヒーの風味なども損ないますし、豆に直に薬品がつくので安全性と味に不安があります。


しかし、このタイプのデカフェは国内では禁止されているので飲んでしまうことはないでしょう。

残りはウォータープロセスと液体二酸化炭素抽出法です。どちらも化学薬品を使わないので安全性が高く、豆にカフェイン以外の成分と風味も残るので味わいも楽しめます。日本のコーヒー屋で提供されているデカフェはこの二つの方法のうちどちらかということになります。