レギュラーコーヒーの種類

バナー

レギュラーコーヒーの種類

コーヒーはアカネ科の常緑樹でジャスミンのような香りの白い花を咲かせます。
レギュラーコーヒーと言われるコーヒー豆の品種はマンデリンやグアテマラなど数十あり、飲用に作られ栽培されているのは「アラビカ種」が全体の70パーセントから80パーセントになります。

All Aboutのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

もうひとつの品種に「カネフォラ種ロブスタ(通称ロブスタ)」があり、このふたつの品種が主に栽培されています。


レギュラーコーヒーの豆は同じ品種であっても、産地ごとの自然環境や栽培方法、加工方法によって味に違いが生まれます。

これが味の個性となり、バランスを考えながら、人それぞれの好みに仕上げていきます。
産地それぞれの豆の味を知るには、ストレートコーヒー(単品の品種の)を飲むことで分かります。



レギュラーコーヒーでもブレンドは有名ですが、ベースとなっているのは「ブラジル豆」で適度な苦味と香りがあります。

またマイルドなコーヒーの代表的なものが「コロンビア」です。酸味がやや強く、その代わり苦味は殆どありません。
ブルーマウンテンはカリブ海の島国ジャマイカの東側に連なる、ブルーマウンテン山の内側で栽培されています。


良質な豆だけがその名を付けられ、酸味やコク、苦味のバランスが取れた豆です。

モカは木の実を食べて興奮する山羊を見た山羊飼いがコーヒーの木を発見したという節がエチオピアに残っています。

レギュラーコーヒーがとても人気であることがわかります。

甘酸っぱい果実の香りが特徴で、酸味と苦味が強くまろやかなコクがあります。